2011年01月26日

総合化

企業経営において、『総合化』というのは『専門化』よりも収益性が低いと言う事を本で読んだことが有ります。

弊社 も総合物流企業を目指していますが、間口を狭めると云う意味ではなく、

強い部門に特化する、マーケットの絞り込み・・・等

“脱”総合を考えてみるもの必要かな?と ふと思いました。

中長期スパンでの企業戦略の策定は経営者の重要な仕事です。

間違った選択眼を持たない様に自己研鑽、情報収集、日々勉強です。
  


Posted by 東亜物流株式会社 at 18:05Comments(0)

2011年01月21日

業績査定会議

本日午前中は弊社 の定例査定会議でした  (9:30~13:00)

前月の各事業部の営業成績について発表、討議、認識共有をする

とても重要な会議の一つです。

22年11月度は単月での過去最高の売上高を記録しましたが、
12月度はその記録を更新しました。

売上高、収益率共好調でした。


お取引先様のご愛顧と、従業員の皆さんの御精勤に衷心より

感謝です。




    卯年、『兎の上り坂』の如く力強く駆け上がりたいです。


我が家の家族の一員名前は『ブラン』女の子です。
  


Posted by 東亜物流株式会社 at 15:52Comments(0)

2011年01月21日

平成23年の日本経済を読む

昨日、エコノミスト、経済評論家の斉藤精一郎氏の講演を聞きました。

タイトルは『平成23年の日本経済を読む』です。

とても興味をそそられるタイトルです。

銀行主催の講演会でここ数年年初に斉藤先生のお話しをお伺いしています。

経済評論家と言われる人はたくさんいますが、まさに千差万別で色々言われています。

その中でよく、失われた20年という言葉を耳にします。

その意味は様々ある様ですが、株価や地価が当時の4分の1に下がっている事に代表される様に端的に言うとこの20年で日本だけ世界から取り残されているようです。

斉藤氏も希望的には卯年ですので、ジャンプUPしていきたいところですが、ホップ、ステップ、そしてジャンプを目指す足場を固める1年に各企業も努める年であるとの事でした。


まさに、本年度、弊社 の経営基本方針『体制強化』の年である事を再認識しました。

体制強化
た い せ い き ょ う か








組織及び事業基盤の徹底強化を図ることが勝つ為の基本


強固にする為にも足元を見つめ直し、分解結合を敢行する


【彼を知り己を知れば百戦しても殆うからず】

顧客満足=会社発展=社員の幸せ

東亜物流株式会社

代表取締役 森本勝也


  


Posted by 東亜物流株式会社 at 15:10Comments(0)

2011年01月14日

都知事

先日もブログしまたが、最近、新年会(賀詞交歓会)が続いてます。

昨日も、帝国ホテルで東京都トラック協会関連6団体の賀詞交歓会が有りました。

昼間の会合なので私はアルコールは飲まずにウーロン茶で過ごしました。


監督官庁の国土交通省の政務官や各党の都連会長等の挨拶があり、締めは石原東京都知事でした。

相変わらず少々辛口の挨拶をされていました。

あの方は70歳を過ぎているのに姿勢は良く、すらっと背が高くて本当カッコイイですね。


挨拶が終わり壇上を下がると、息子で自民党幹事長の石原伸晃氏と二人で何やら親子の会話をしていました。 

やはり親子ですね。

その姿を見ていると何か親近感が湧きました。 

  


Posted by 東亜物流株式会社 at 08:07Comments(0)

2011年01月12日

経営計画発表会

昨日は弊社顧問である古田圡公認会計士事務所 さんの第29期経営計画発表会にお伺いさせて頂きました。

会場の大ホールを埋め尽くしたその数、700名だそうです。

立見が出るほどの熱い雰囲気の中、




第1部では最近とても有名な『日本で一番大切にしたい会社』の著者である坂本光司先生の基調講演がありました。




その後、古田圡先生の方針発表です。

200ページ2冊からなる経営計画書の要点を力強く皆さんに訴え掛ける様に熱弁を振るわれておりました。

最後に所員一同の宣誓が有りました。

正に『衆知を集める』経営を実践しておられます。

大変素晴らしい会でした。

とても感銘を受け、元気を頂きました。

  


Posted by 東亜物流株式会社 at 08:16Comments(0)

2011年01月02日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

2010年は大変お世話に成りました。

本年も変わらぬご厚情を賜ります様宜しくお願い申し上げます。






  


Posted by 東亜物流株式会社 at 09:57Comments(0)